ニート的生活

うちの高齢猫は甘えん坊



我が家には12歳になる猫がいます。
12歳とはいえ、猫では高齢にあたります。

この子は生まれて2週間で車の多い道路上に1匹でいたのを轢かれてしまわないように
保護し、そのまま飼う事になった猫です。
生後2週間ほどだと、まだ真っ直ぐに歩けないヨチヨチな状態。
母親のお乳も飲めないしで、長く生きられないんじゃないかと言われていました。

それが、なんともう12歳(笑)
体も大きく健康でこれといった病気をしないまま飼い主としては、
かなり楽な子として育ってくれました。
そんな我が家の猫さんですが、高齢になった今でも指しゃぶりをします。
母親がいない状態で育った猫にありがちらしいのですが、
赤ちゃんのようにチュパチュパとよだれをたっぷり口の中にあふれさせて
指しゃぶりをするのです。

その姿は老猫とは程遠い、赤ちゃん猫のようです。
最初はやめさせなきゃと、指しゃぶりを確認する度に阻止していたのですが
考えてみたら母親がいなくて寂しいのかもしれないなと思い、
今ではほっとくようにしました。

むしろ甘えたいのかもしれないと、頭をなでてあげたりと触ってあげるようにしました。
触ってあげるとますます激しくしゃぶりますが、暖かく見守っています。
可愛い家族です。
これからも元気でいて欲しいと願っています。

昼食にカップ麺を食べました



今日は久しぶりにカップラーメンを食べたい気持ちになったので、
ちょうどスーパーマーケットで安売りをしていたマルちゃんの赤いきつねを
食べることにしました。

カップうどんといえば日清食品から出ているどん兵衛とこの赤いきつねが双璧ですが、
どん兵衛が3分で出来上がるのに対して赤いきつねは5分かかっちゃうんですよね。
このたった2分の差なんですがお腹が減っている状態では、
思いのほか長く感じてしまうんですよね。

まあマルちゃんの会社方針なのか何なのかはわからないですけど、
5分というものに何かこだわりがあるのかもしれません。
マルちゃんの色シリーズには緑のたぬきや黒い豚カレーなんていうのもありますが、
やっぱり私はスタンダードな赤いきつねが一番美味しいと思っています。

昔と変わらないなんともチープな感じの縮れ麺なんですが、
それがいい意味でのB級感を醸し出してくれるのでたまりません。
スープに関しても特にへんてつもないものですが、
昔の懐かしい記憶が蘇ってくるようでとても良いんじゃないかと思います。
赤いきつねの最大の醍醐味といったらやっぱりアゲで、スープをタップリと含んだ
アゲを口に頬張ると凄く熱いんですがなんとも言えないくらい幸せな気持ちになるんです。
たかがカップ麺されどカップ麺と言った感じで、今日の昼食は結構満足なものでした。